2015/03/06

寅次郎、2歳



寅次郎、昨日で2歳になりました。110g



2年前の3月23日に、松川飼育センターからお迎えしました。18日齢で迎えたので、孵化したのは5日だと思います。
その前の年末に、突然夫がインコを飼おうかと言い出して、週末ごとにオカメが居そうなお店を探して見に行きました。いろんなお店がありました。でも、真冬にヒナはいなくて、春まで待ちました。
熱帯魚の時も、犬の時も、生き物を飼おうかということになると、夫婦であちこち見に行って話を聞いてくる、それは、待ち遠しいけれど、とても楽しいです。

春になり、男の子を希望して、巣箱の中から出してもらったのが、寅次郎でした。
それから1年半、teryさんに相談に乗っていただくチャンスがあり、寅次郎は女の子だと気づくまで、男の子だと思い込んでいました。





女の子だとわかった頃から、なんだか女の子らしく見えてきたから不思議。

teryさんのおかげで、確実に男の子の銀次郎を迎え、寅次郎姉さんは、弟分ができました。







寅次郎は、どう思っているのか、一度聞いてみたいです。



2015/02/13

寅次郎をキャッチ

寅次郎をつかむのに成功‼︎



ブレブレですが、最近、ケージに戻す時に、3回くらい成功しています。
なんとかして、触られることに慣れて、ふれ合うことが好きになってくれないかなと、油断しているところをつかんで、ちょっとだけ撫でることに挑戦中です。
嫌がるけれど、今のところ、それで警戒心が強くなったりはしていない様子。
今日は、噛まれましたが、懲りずに続けます。
いつか、平気でカキカキさせてくれるのを楽しみに。


銀次郎は、ひたすら歌ってます。
そして、小さな声で、わからないことをモニョモニョ言ったりもしています。


2014/12/22

寅次郎の気持ち

今朝、寅次郎と銀次郎が、同じ止まり木にいるのを初めて見ました。


1つのケージで暮らすようになって2日、銀次郎が近づくと、寅次郎が逃げていたので、ストレスにならないかと心配していたけれど、ちょっといい感じ。

放鳥すると、一羽が飛ぶと、もう一羽も飛び上がり、銀次郎が寅次郎を追うように飛んだり、ぶつからないギリギリですれ違ったり。パニックになっていると思っていたけれど、なんだか楽しんでいるようにも見えてきました。
寅次郎は、本当のところ、どう思っているのか、聞いてみたい…



銀次郎は、あまり悩みはなさそうです。





2014/12/11

これからの課題

寅次郎は水浴びが好きで、流水でも、ビビりながら浴びます。




そして、空気清浄機も好き


女の子だとわかってからの寅次郎は、女の子らしい顔つきになったように思うけれど、気のせいかな。





銀次郎は、うちに来て3週間が過ぎました。
81gになり、一人餌で体重が増えてきました。
もうずっといるみたいな存在感があります。


連結した寅次郎のケージのカゴをひっくり返して制覇、

通路の向こうから見ている寅次郎


珍しく、一緒にシードを食べているけれど、銀次郎がお皿に乗り、寅次郎は散らばったのを拾っています。


それでも、少しづつ慣れてきたようで、一羽が飛ぶと、瞬時にもう一羽も飛び、すれ違って肩に戻るのを楽しんでいるみたいです。

そろそろ、ケージを1つにしたいけれど、寅次郎は自分では、今までの自分のケージにしか入らず、逃げるので無理に入れられないから、そこに入ってから連結するという、妙な事に。


それに、自分のケージにも、なかなか入ってくれないので、出かける前に出した時は、大変。そこで

クリッカートレーニングというのに挑戦しようと、Amazonで、買ってみました。
かなり大きな音なので、テープで隙間をふさいだけれど、これからは私の努力次第かな。





2014/12/02

ビビり寅次郎



寅次郎は、ビビリで、手が怖いので、触らせてくれません。
最近、銀次郎を撫でるので、つい間違えて、寅次郎も撫でてしまうことがあるけれど、慌てて逃げていきます。
銀次郎が、カキカキされて気持ちよさそうにしてるのを見て、怖くないんだ~と気づいてくれるのを、密かにねらってます。

そんな寅次郎なので、まだ、ケージに銀次郎と一緒には入れられません。



寅次郎の変顔
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。